「灘六甲整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

出産を控えている方は生まれてくるお子様のために骨盤が開くようになっています。骨盤が開く時は骨盤の開きが起きないようにくっついている靭帯などが引き裂かれます。一度引き裂かれた靭帯は再びくっつくことはありませんので、骨盤を締めようとしてくれる役割をするものがないといけないのです。しかし、骨盤が開かないように締めてくれる筋肉は存在しませんので、外からの力に頼って圧迫したり、整体で歪みを取ったりしなくてはならないのです。ですが、多くの出産経験者は骨盤が動くものとして思われていますので、骨盤が開いたり歪んだままになるのです。

骨盤ベルトがありますが、利用した方は使用時期に関わらず骨盤の開きを抑えていることが多いです。やはり、骨盤の動きをみていると自力で動くわけではないので、外からの動きに耐えうるための力が必要になることをご理解いただけると思います。その骨盤は左右対称についていますので、バランスが崩れると膝につく筋肉なども引っ張られるので歩く時にも膝を痛める可能性があります。ですから、骨盤が広がったままにしておくのも良く無いことです。早めに歪みを骨盤ベルトなどで抑えて外力で歪みを整えましょう。使用期間が長ければ長いほど、骨盤を歪めず健康でいることが出来ます。

「灘六甲整骨院」根本改善できる整体技術 PAGETOP