「灘六甲整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

 

 

こんにちは、1月も後半に入りましたね。寒さもまだまだ続きそうなので、身体を冷やさないようにして風邪やインフルエンザに注意していきましょう。

今回は足を捻って足首の痛みで来院された方がいますので、お話を元に説明していきたいと思います。40代の男性で階段を下りている途中、最後の段でもう一段あると勘違いして足を出したところ捻ってしまったとのことでした。荷物を持っていたために視界が悪かったのとバランスがとりづらい状況だったことから、思ったよりも強く痛めてしまったみたいです。足を捻ったのは学生の頃以来だという事で何をすればいいのか分からず、足を引きずりながら当院へかけつけたようでした。

所見では骨が折れているということはなく、足首が腫れており内出血を起こし、痛みで動きの制限も出ていました。靭帯を痛めているようでしたので、周辺の筋肉や靭帯を緩め、テーピングも行っていきました。テーピングをする事で歩行時の痛みがかなりひきました。また今後の事を考えてもしっかり固定しておかないと靭帯が緩んだ状態のままになってしまいますので正しい位置で保っておくことは大切になってきます。

当院では国家資格を取得している先生が難しい言葉を使わず、丁寧に説明しながら施術を行っていきますで安心して受けていただけます。万が一急に足を捻ったときはすぐにご連絡下さいね。

「灘六甲整骨院」根本改善できる整体技術 PAGETOP