「灘六甲整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

最近足にだるさを感じることが多くなっていませんか?足のダルさを感じるのも原因があります。その中でも特に多いのが①筋肉疲労です。この筋肉疲労の原因としては、「立ちっぱなし」、「イスに座りっぱなし」、「運動による疲労」などが挙げられます。これの解消方法は安静にし早く寝たり、寝る前にストレッチやお風呂で温める事も効果的です。次に季節の変わり目にも多く見られる②季節シンドロームと呼ばれるのもあります。その名前の通り「気候の変化」により体調も変化します。特に暑かった今年の夏ですが、暑さから段々寒くなってくるこの時期は特に体にダルさが出やすくなります。

このような足のダルさも「しんどい」だけならまだ良いのですが、これを放置していると様々な病気が発症しやすくなります。特に中高年層に多いのが、足がパンパンになり、足に「静脈」と呼ばれる血管があるのですが、この静脈は血液の流れを逆流しないようにする弁がなのですが、この弁が上手く機能しなくなり、静脈の流れる血液が逆流してしまい「下肢静脈瘤」と呼ばれる静脈がつまってしまう事が起きやすくなります。早い段階なら施術を行う事でもよくする事もありますが、これが酷くなってしまうと「手術」が必要となってきます。

そうならない為にもまずは自分で出来るメンテナンスとして、ウォーキングやランニングなどの「軽めの運動」をしてみてください。でもそんな時間ないよ~って方には整骨院でメンテナンスをする事でも「予防」につながります。当院でも足のしんどさを言われる方が多いのですが、メンテナンスをする事で「だいぶ楽だ。足が軽くなった」と言われています。もし気になっている方は当院までご相談くださいね!

「灘六甲整骨院」根本改善できる整体技術 PAGETOP