「灘六甲整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

ここ最近膝の痛みで悩まれている利用者さんが増えてきております。膝は「歩いている時」「立っている時」「しゃがむ時」など日常生活の中で常に負担をかけています。膝に痛みがでてしまうと中々痛みがとれにくいですよね。みなさんもお困りの方がいらっしゃるのではないのでしょうか?ではなぜ膝に痛みが出るのでしょうか?

それは膝には関節があります。この関節が本来の位置関係なら痛みなく膝を曲げ伸ばしできます。ですが日々の生活の中でこの膝関節の位置関係が崩れてきます。この関節が狭くなる事により膝に痛みがでます。

ではこの膝関節が狭くなる原因は何でしょうか?それには大きく関わってくるものがあります。まずは太ももの筋肉です。ハムストリングスと呼ばれる太ももの裏の筋肉だったり、大腿四頭筋と呼ばれる太ももの前についている筋肉です。この筋肉が疲労して筋肉が固くなると膝関節を狭めてしまいます。ではこの筋肉が疲労する原因はなんでしょうか?

それには日常生活の中の「姿勢」によるものです。姿勢が悪くなる(猫背などの前かがみに姿勢が傾く)と、大腿四頭筋に余分な力が加わり、膝関節を徐々に狭めてしまうのです。そうなってくると痛みがとれるのも時間がかかってしまいます。

当院でも多くの利用者さんが膝の悩みで来院されています。筋肉だけでなく、姿勢も良くするB&M背骨歪み整体を行う事で、痛みもましになったと言われる方が増えてきております。もし膝の痛みでお悩みでしたら当院までご連絡くださいね!

「灘六甲整骨院」根本改善できる整体技術 PAGETOP