「灘六甲整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

今回は膝の痛みについてお伝えさせていただきます。

膝の痛みに関わる筋肉は大きくわけて3つあります。それは太ももの前にある【大腿四頭筋】と、太ももの後ろにある【ハムストリングス】(大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋)、一般的に「ふくらはぎ」と言われている【下腿三頭筋】と呼ばれる筋肉です。

この筋肉の役割はというと【大腿四頭筋】は「足を伸ばす」役割があります。なので逆の動作の膝を曲げようとしたり、座ろうとした時に膝に痛みが出る場合はこの筋肉が原因で痛みが出ている可能性があります。

【ハムストリングス】と【下腿三頭筋】は膝を曲げる時に働く筋肉ですが、他の作用として立っている姿勢の時に身体が倒れないように身体を支えたりしています。なのでこの筋肉が悪くなると、立っている時でも膝が軽く曲がっていたり(膝が伸ばせない)、日常の歩く時や、立ち座りの時でも膝への負担が増えて痛みになっていきます。

直接影響するのは太ももの筋肉とお伝えしましたが、間接的にも影響するのがあります。それが腰や姿勢(背骨)です!腰が悪くなると姿勢が悪くなります(やや前傾姿勢に)そうなると太ももの筋肉に余分な力が加わり、膝の関節に負担をかけやすくなります。

なので当院では痛みがでている箇所だけでなく、全身の施術を行い、悪くなっている所だけではなく、背骨の歪みをとる事により姿勢を良くし、負担をかけている筋肉のバランスをよくしております。

当院でも多くの利用者さんが膝の痛みでお悩みですが、施術を受けた後は「楽になった」と言われております。もし膝でお悩みでしたら当院までご連絡くださいね!

「灘六甲整骨院」根本改善できる整体技術 PAGETOP