「灘六甲整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

先日肘の痛みで来院された利用者さんがいらっしゃいました。その方は中学生で野球をしている子です。ポジションもピッチャーで毎日投げ込んでいたそうです。

中学~高校にかけて、成長期にボールを投げすぎることによって生じる肘の障害です。主な症状は投球時や投球後、物を持つ時など、腕に力を入れる時に肘に痛みがでます。その後肘の伸びや曲がりが悪くなり、急に動かせなくなることもあります。

原因としては繰り返しボールを投げることによって、肘への負荷が過剰となることが原因です。肘の関節内で骨同士がぶつかったり、筋肉が骨をひっぱってしまい、骨や軟骨が剥がれたりして痛んだりします。それを放置していると筋肉の緊張がとれなくなり、常に肘に負荷をかける状態になります。

怪我を抱えたままでは投げることすら厳しくなるので早めのケアをしてくださいね。少しでも肘の負担を減らすためには筋肉の緊張をとらなくてはいけません。

その利用者さんも最初は痛みが変わらない状態でしたが、メンテナンスをしていく内に痛みも楽になり、今では痛みなく投げられているみたいです。でも投げた後は痛みが再発するので今でも通ってくれています。プロのアスリート選手でも試合後や練習後は必ず体のメンテナンスをしております。若いからといって怠らないようにしてくださいね!

当院でも全身の施術を行っており、身体の回復力を高め、早期回復につながるようにしております。筋肉だけでなく身体の土台となっている背骨を整えておくとその人自身の回復力もあがり、怪我の予防にもつながっていきます。もしお身体でお悩みでしたら当院までご連絡くださいね!

「灘六甲整骨院」根本改善できる整体技術 PAGETOP