「灘六甲整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

ここ最近足の痛みでお悩みの利用者さんが来院されました。1人目の方は「足の親指の裏~踵」にかけての縦のラインに痛みが出ていました。2人目の方は「外くるぶしの下あたり」に歩くと痛みが出ると言われております。それぞれ痛みの場所は違いますが、共通点はあります。みなさんは何かわかりますか?

運動をされている方達なので、長時間歩いたり、ランニングなどで足に負担をかけています。そして負担をかけている筋肉に対してメンテナンスが出来ていない事です。

ある程度の距離ならそこまで痛みなどでたりはしないのですが、それが続いていると足に痛みが出やすくなります。ここの利用者さんもよく言われるのが「2・3日すれば痛みもマシになると思っていた」と言われます。ですが「痛みがでている=筋肉が悪くなっている」ので、数日マシになっていてもまた痛みはぶり返してしまいます。

このような痛みが出た場合、まずはアイシングなどで冷やすようにしてください。冷やす時間はだいたい10~20分を目安にし、感覚がなくなってきたら常温で温め、さらに冷やします。そうする事で炎症が起きている痛みがすこしずつマシになります。その際は運動は一時休憩し、安静にしてくださいね。

その後は身体のメンテナンスが大事になってきます。当院でも足の痛みの施術は行っております。また痛みを繰り返すより普段から身体のメンテナンスを行う事で痛みの予防にもなります。痛みでお困りでしたら当院までご連絡くださいね!

「灘六甲整骨院」根本改善できる整体技術 PAGETOP