「灘六甲整骨院」で根本改善し健康なお身体へ

少しずつ気温も暖かくなってきましたね。暖かくなってくると運動をしたくなってきますね。今回はサッカーをして多い怪我と起こしてしまった時の対処方法をお伝えしますね。サッカーをされて多い怪我が足を捻ってしまい足首を痛められるケースです。普段の日常生活でも足首を捻る事はあると思いますが、サッカーなどのスポーツでの足を捻ってしまう時は普段よりも強い力が働いているので腫れは酷くなります。足を捻ってしまった時はまずは足首を冷やしてください。足を捻ると熱感が出てきます。熱感がある状態は、足首周りの組織が普段では起きない動きをして損傷している状態のことを言います。熱感は筋肉事態に熱を持っている状態なので足を捻られた際には、冷やすのが一番です。スポーツの医療では、【RICE】と言われる施術があります。【R】安静・痛めたところを安静にして体内の修復作業能力を高めます。【I】冷やす・冷やす事で痛みの部分の腫れなどを抑えます。だいたい冷やす時間の目安としては、10分から15分を目安にしてください。【C】圧迫・適度に圧迫する事で炎症を軽くします。【E】挙上・痛めている部分を心臓より高い位置に挙げることで重力を利用し腫れなどを軽くしていきます。
足を捻ったりしてしまいますといつもと違う歩き方になってしまいます。気持ちではいつもと同じだと思っていても自然と筋肉は偏りがありこれが続くと背骨の歪みにも繋がりますので足を捻ってしまった場合は当院までご連絡くださいね!
当院では、筋肉や背骨の歪みをとるB&M背骨歪み整体をおこなっております。
体のことでお悩みの際は、お気軽にご相談ください。

「灘六甲整骨院」根本改善できる整体技術 PAGETOP